読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抜毛症と30年

比較的軽い抜毛症です。でも、克服できません。

お風呂事件

そんな、ある日の忘れもしない6月の始め。

訳あって、いつも私と緑ちゃんが

一番風呂を頂いてました。

いつも通り、一番風呂を頂き

自分たちの部屋へはいったのですが、

脱衣場に服を忘れてしまって

取りに行った時には

もう、お父さん達がお風呂に

入るところで、私はノックして

「私の服をください」

といいました。

すると、義母から

「(こんなに遅くなって)義父さんが
かわいそうやと思わへんの」

と、いわれました。

私は、はぁ〜?っていうのと、

いつもお風呂を早く出ねばと

バタバタしながら入ってるのに、

その努力すら認めて貰えてないんだという

怒りでいっぱいになり、

過呼吸みたいなパニックになりました。

偶然、その日は旦那さんが休みだったので

すぐになだめてはくれたのですが、

もう無理!もう無理!と

思いました